炎立つ 壱 北の埋み火

講談社文庫

高橋 克彦

1995年9月15日

講談社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

陸奥の豪族安倍頼良の館では息子貞任の婚儀が盛大に始まった。平将門の乱が平定されてすでに百年を越え朝廷は蝦夷たちを俘囚と侮るばかりだった。源平の武士たちの台頭を前に東北の地に黄金の楽土を築こうとした藤原氏の夢がこの夜大きな炎となって燃えあがる。著者渾身の大作歴史ロマン全五巻刊行開始。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

6

未読

15

読書中

0

既読

236

未指定

54

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

人間らしくなってきた

starstarstarstar
star
4.5 2020年04月21日

「火炎」はあまりにもキレイすぎて上滑りした感があったが、時代が進むにつれ、登場人物が良くも悪くも人間らしくなってきた。 そういう意味で面白かった。 ページをめくらせる力は相変わらずすごい!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください