ふたたび赤い悪夢

講談社文庫

法月綸太郎

1995年6月15日

講談社

942円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

法月綸太郎のもとに深夜かかってきた電話。救いを求めてきたのはあのアイドル歌手畠中有里奈だった。ラジオ局の一室で刺されたはずの自分は無傷で、刺した男が死体で発見される。恐怖と混乱に溢れた悪夢の一夜に耐えきれず、法月父子に助けを願い出た。百鬼夜行のアイドル業界で“少女に何が起こったか”。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

3

読書中

1

既読

20

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください