織田信長(5)

山岡荘八歴史文庫 山岡荘八歴史文庫 14

山岡 荘八

1987年10月1日

講談社

840円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちで仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だがー明智光秀、本能寺に主君を弑する。時代を先駆けた不世出の天才は笑って死んだ。完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

22

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年03月21日

織田信長の物語は常に本能寺に向けた助走に過ぎない。端的に言えば、そこにどんな解釈をするかというところに作者の書く意味があると言っても過言ではない。まあこれは古い作品なので、この作品が元となり、他の作家が腕を競っているのだろうが。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください