徳川家康(23)

山岡荘八歴史文庫 山岡荘八歴史文庫 45

山岡 荘八

1988年4月1日

講談社

850円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大久保長安の遺した不思議な連判状は何を意味するのか。やはり大坂は討たねばならないのか。しかし家康の願いは豊臣家存続にある。そのためには戦の回避と大坂開城が必要絶対条件だった。家康と片桐且元の和平交渉が始まる。家康は方広寺の鐘銘事件に名をかりて、淀君、秀頼母子に、大坂城無血明け渡しの謎をかけた。だが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

11

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください