徳川家光(2)

山岡荘八歴史文庫 山岡荘八歴史文庫 66

山岡 荘八

1987年5月31日

講談社

850円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

家光政権は土井利勝、松平信鋼、阿部忠秋らの補佐のもと盤石かにみえたが、突如、苛政に耐えかねた島原の農民が蜂起。天草四郎を盟主とするキリシタン信徒もこれに呼応し、原城に立て篭った。鎮圧に向った板倉重昌は戦死し幕軍苦戦。家光は最も信頼する松平信鋼を総大将に派遣し、一揆軍を皆殺しにした。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

6

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください