吉田松陰(1)

山岡荘八歴史文庫 山岡荘八歴史文庫 72

山岡 荘八

1987年7月1日

講談社

913円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

長州藩きっての俊才として吉田大治郎(松陰)の前途は明るい。だが時代の嵐を察知する彼の目は外へ外へと向けられた。九州遊学中に出会った山鹿万介、宮部鼎蔵らの烈々たる尊皇攘夷の弁、平戸で見た数多くの黒船や異人の姿、大治郎は外圧の高まりを身に刻んで知った。彼は叫ぶ、神州の民よ、めざめよ、と。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.45

読みたい

1

未読

4

読書中

1

既読

18

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

書痴夢

吉田松陰も山岡荘八も極端過ぎ

starstarstar
star
3.2 2023年05月08日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください