漂民宇三郎

講談社文芸文庫

井伏鱒二

1990年4月1日

講談社

1,430円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天保9年、金六、宇三郎兄弟は、松前を出帆、江戸に回航途中、西風に遭い、漂流6カ月、天保10年米捕鯨船に救助され、ハワイ群島オワフ島に着く。兄と仲間3人を失なった宇三郎達生残りは、ロシア領カムチャツカ、オホーツク、シトカを経て、エトロフに送られ、天保14年9月上旬、宇三郎をのぞいて、松前城下に着いた。日本文学世界文学に誇る井伏鱒二の長篇傑作。“自選全集”版未収録の芸術院賞受賞の鏤骨の名品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください