新書太閤記(四)

吉川英治歴史時代文庫 吉川英治歴史時代文庫 25

吉川 英治

1990年6月5日

講談社

850円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

出る杭は打たれる。-永禄の終りから元亀の初めにかけての信長が、まさにその状態に置かれていた。東北には武田・上杉の古豪が若輩何するものぞと眼を光らし、西北には浅井・朝倉が虎視眈々と隙をうかがっている。折も折、西上を打診しつづけていた信玄は、信長の盟友徳川家康を襲った。浜松城北方の台地・三方ケ原に徳川軍をおびき出し、これを粉砕した。家康、生涯唯一の完敗であった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.3

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください