三国志(四)

吉川英治歴史時代文庫 吉川英治歴史時代文庫 36

吉川 英治

1989年3月24日

講談社

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

乱世の姦雄を自称し、天下を席捲した曹操も、関羽には弱かった。いかな好遇をもってしても、関羽の心を翻すことはできなかった。故主玄徳を慕って、千里をひた走る関羽。そして劇的な再会。その頃、夭折した兄孫策の跡を継いだ呉の孫権は、恵まれた自然と豊富な人材のもと、国力を拡充させていた。失意の人玄徳も、三顧の礼をもって孔明を迎えることができ、ようやく天下人として開眼する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstar
star
3.87

読みたい

5

未読

11

読書中

3

既読

113

未指定

121

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

NOB

第四巻

starstarstarstar 4.0 2023年10月14日

関羽千里行から孔明出盧まで。 クライマックスの赤壁に向け、主要登場人物が揃って来た感がある。しかしコーエーの真三國無双の影響か夏候惇がもっと完璧なイメージだったので少し調子が狂う。 とはいえ三国鼎立に向けて重要な局面となる赤壁は次巻となかなか引っ張ってくれる。読むスピードもあがってきた感覚。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2017年08月11日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください