はやぶさ新八御用帳(1)

平岩弓枝

1989年10月1日

講談社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

淀橋では日本橋の菓子屋鶴丸屋清兵衛が、雑司ケ谷鬼子母神では同心船越参之助が、鮮やかな袈裟がけで斬り殺され、成子坂の首なし死体にも、その太刀筋は残されていた。さらに、御年寄音羽も扼殺され、一連の殺人事件を解く鍵は江戸城大奥に…。南町奉行根岸肥前守の懐刀・隼新八郎が、恋人お鯉の協力を得て、苦心の末に解明した事件の真相は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください