零戦の最期

坂井三郎

1995年8月1日

講談社

1,922円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

「生き残った私が言わずして、だれが言うのか」日々悪化する戦況下で、零戦隊は「人機一体」となって敵機に立向かった。愛機零戦と己れを信じ、一言も発せずに大空に散っていった戦士たちに捧げる鎮魂の書き下ろし。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください