蒼穹の昴(下)

浅田次郎

1996年4月30日

講談社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

落日の清朝には領土を分割せんと狙う列強の牙が迫っていた。科挙進士の友とも別れ、西太后の側近となった宦官の春児は、野望渦巻く紫禁城で権力をつかんでいった

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

203

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください