三月は深き紅の淵を

Mephisto club

恩田陸

1997年7月31日

講談社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.78

読みたい

7

未読

2

読書中

1

既読

331

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

たか

「三月は深き紅の淵を」 読了

starstarstarstar 4.0 2020年10月17日

幻の本を巡る4つの物語。 一人に一晩だけ貸すことが許された「三月は深き紅の淵を」と題された本、各々の物語はそれぞれ独立している短編集だがこの「三月は深き紅の淵を」という幻の本で共鳴している。 作中作であると共にこの幻の本の意味と変化、そして各々の物語の主人公である読書家、編集者、作家とこの幻の本との関わり。 最後に第四章で作家が執筆を始めるのだが、断片的な話が転々としており、映画の予告編のようだった。 はじめに「チャーリーとチョコレート工場」の抜粋が書かれているが、この意味が読了後にわかった時に、バラバラに見える4章構成がひとつにまとまった気がする。 「三月は深き紅の淵を」 目次 第一章 待っている人々 第二章 出雲夜想曲 第三章 虹と雲と鳥と 第四章 回転木馬

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください