ガリバー・パニック

楡周平

1998年7月21日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

嵐が吹き荒れた晩の翌朝、海岸に突如、身長100メートルはあろうかという巨人が現れた。前代未聞の怪事件、自衛隊が出動する大騒ぎとなる。ところが、巨人とコミュニケーションがはかれることが判明した。官僚たちは管轄官庁を押しつけあい、政治家は金儲けにならないかと算盤をはじきはじめる。いったいこの怪物は、どこからやってきて何をしようとしているのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください