警視庁捜査二課

Urban detective story

萩生田勝

2008年12月31日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

どデカい汚職捜査の内偵中になぜか辞職に追い込まれた名物刑事。彼はかつて外務省機密費事件を捜査指揮した男だった。誇りと無念を胸に秘めて書き綴ったリアル・ストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年12月09日

面白い。なぜ 定年前に萩生田 勝 警視は退職したのか。これだけの実績を上げても、署長を務めていなければ、警視正にはなれないのか。ノンキャリアの厳しさ?切れ過ぎて疎んじられたのか。 最終章の外務省松田事件の顛末は一読の価値あり。佐藤優氏が常々言っている外務省の体質についても、萩生田氏が批判している。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください