この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 下

100周年書き下ろし

白石 一文

2009年1月27日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

スクープ記事は大反響を呼ぶが、上層部から圧力がかかり、編集部内の人間関係もねじれ出す。もつれて膠着する状況のなかで、カワバタは、ある運命的な出会いへと導かれる。まるであらかじめ定められていたかのように。思考と引用をくぐり抜けた後に、「本当のこと」が語られる。現代を描き続ける著者が、小説という表現の極限を突き詰めた渾身作。いよいよ完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.6

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

11

未指定

7

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstar
4.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください