祈りの幕が下りる時

東野 圭吾

2013年9月30日

講談社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(68

starstarstarstar
star
4.22

読みたい

25

未読

22

読書中

1

既読

558

未指定

338

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

悲しい

-- 2020年01月13日

無邪気な善意と無分別な関心が悲劇的な結末を生んでしまう。登場人物のだれにとっても。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年03月23日

越子から借りた

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください