追憶の夜想曲

中山七里

2013年11月21日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

豪腕ながらも、依頼人に高額報酬を要求する“悪辣弁護士”御子柴礼司は、夫殺しの容疑で、懲役十六年の判決を受けた主婦の弁護を突如、希望する。対する検事は因縁の相手、岬恭平。御子柴は、なぜ主婦の弁護をしたのか?そして第二審の行方は?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstarstar
star
4.24

読みたい

5

未読

5

読書中

0

既読

102

未指定

42

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください