さいとう市立さいとう高校野球部 甲子園でエースしちゃいました

あさの あつこ

2014年8月6日

講談社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

山田勇作は高校二年生。家族そろって大の温泉好きだ。通学するさいとう市立さいとう高校では野球部に所属し、エースピッチャーとして幼馴染の一良とバッテリーを組んでいる。一年生のとき、夏の甲子園大会地区予選では、交通事故で意識不明になった監督の鈴ちゃん不在のなか、準決勝まで勝ち進んだ。そして今年、意識を取り戻した鈴ちゃんとともに思い新たに活動してきた野球部は、みごと甲子園大会への出場を決めるが!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

25

未読

0

読書中

0

既読

22

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年06月11日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください