八月は冷たい城

恩田 陸 / 酒井 駒子

2016年12月20日

講談社

2,530円(税込)

小説・エッセイ

夏流城での林間学校に初めて参加する光彦。毎年子どもたちが城に行かされる理由を知ってはいたが、「大人は真実を隠しているのではないか」という疑惑を拭えずにいた。ともに城を訪れたのは、二年ぶりに再会した幼馴染の卓也、大柄でおっとりと話す耕介、唯一、かつて城を訪れたことがある勝ち気な幸正だ。到着した彼らを迎えたのは、カウンターに並んだ、首から折られた四つのひまわりの花だった。少年たちの人数と同じ数ー不穏な空気が漂うなか、三回鐘が鳴るのを聞きお地蔵様のもとへ向かった光彦は、茂みの奥に嫌を持って立つ誰かの影を目撃する。閉ざされた城で、互いに疑心暗鬼をつのらせる卑劣な事件が続き…?彼らは夏の城から無事に帰還できるのか。短くせつない「夏」が終わる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstar
star
2.9

読みたい

9

未読

10

読書中

1

既読

84

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

金鯱

わからない

star 1.0 2019年09月29日

シリーズ通して読めば何か感じるところがあるかと思ったが、何も感じなかった。結局カマキリは何なのさ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください