鳴釜奇談

講談社X文庫

椹野道流

2005年9月30日

講談社

660円(税込)

ライトノベル

「これは…」天本の喉から、掠れた声が漏れる。手渡された紙片に淡い水墨で描かれていたものーそれは「十牛図」の第二図だった。真の理を求める人の姿を寓した、十枚の絵のうちの、第二。しかし天本にとっては、その図は違った。見れば厭でも、忌まわしい記憶が甦る。思い起こされてくる男の顔がある…。大人気ネオ・オカルト・ノベルス、新展開。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください