あふれる熱のリミット

講談社X文庫

和泉桂

2006年8月31日

講談社

693円(税込)

ライトノベル

容姿・頭脳・地位、すべてを兼ね備え、大企業グループの中枢を担うことを期待されている瀧口怜史。彼を翻弄する存在は、従兄の一宮威彦ただ一人だった。彫刻家の威彦は、まるで芸術品を愛でるように身体に触れてくるー自分を見失いそうな状況に耐えられない怜史は、威彦と距離を置こうとするのだが…。「俺がどれくらいおまえに飢えてたと思う?」怜史は、彼の内に潜む熱い欲望に気づいていなかった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください