墜落現場遺された人たち

御巣鷹山、日航機123便の真実

講談社+α文庫

飯塚訓

2005年7月31日

講談社

858円(税込)

ビジネス・経済・就職

日本人の記憶に深く刻まれた、520人の生命を一瞬にして奪ったあの大事故。当時、最前線で全遺体の身元確認にあたった著者が、やむにやまれぬ思いで、大事故の裏に現存する、人々の知られざるその後を追跡。落下する機中で書き残された遺書が遺された家族の中に生きているさま、ひとり息子を失った母のやり直し人生…極限の惨状を共有した者だけに語られる心の叫び、魂の声がここにある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

2

既読

9

未指定

13

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください