知の教科書 スピノザ

講談社選書メチエ

チャールズ・ジャレット / 石垣 憲一

2015年1月10日

講談社

1,925円(税込)

人文・思想・社会

一七世紀オランダが生んだ大哲学者スピノザ。刊行当時は禁書処分にされるほど危険視されたその著作は、ヘーゲルやニーチェによって人類の偉大な財産とみなされ、二〇世紀にはドゥルーズやネグリに再発見された。本書は、スピノザの生涯と思想形成をたどったあと、難解をもって知られる主要著作を概観し、主著『エチカ』の全容を明快に解説する。本格的スピノザ入門の決定版!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Shuhei Tatsumi

エチカ原典とセットで読むのが前提

starstarstar 3.0 2021年12月04日

本書をこれ単独で通読することは、作業的な意味で辛い、と言わざるを得ない。カッコ書きや、殆ど意味の無い反復が極めて多く、とてもではないが洗練された文章構成ではないため、度々読み疲れを感じるという理由がある。 しかし、エチカ原典と本書を同時に開き、箇所を対照しながら読むと、役に立つように思う。本来そのような使い方が望ましいだろう。 また、スピノザに限らずこのあたりの哲学書全般は、ほぼアリストテレス哲学の基礎部分を理解できていないと読めないが、各所で不必要なくらいにその説明が入っている点では入門的である、と評価できる。さらに時々、他の西欧哲学者との思想の比較を、地政学的文脈まで踏まえて描いている点については、なかなか良い材料だと思う。 本書序文には「哲学そのものについて全く予備知識がない読者も対象とする」とあるが、哲学そのものについて全く予備知識がない読者が、本書を読んでスピノザ哲学が理解できるかは、総評として余り自信がない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください