小説蜂須賀重喜

阿波藩財政改革

講談社文庫

童門冬二

1996年2月29日

講談社

854円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸時代は宝暦年間、9代将軍・家重の世。阿波藩の蜂須賀家に入った重喜は、火の車であった藩財政の改革に着手し、画期的な提案を行う。ところが、ことごとく陋習に縛られた重臣たちの反対にあう。さらに江戸幕府・田沼意次の陰謀も進み、平島公方の騒動も無視できない。阿波藩の経営改革を追う長篇歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください