濃姫孤愁

講談社文庫

阿井景子

1996年3月15日

講談社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

道三は嫁ぐ愛娘に、「三郎(信長)が、まこと評判通りのうつけであれば、この刀で刺せ」と短刀を贈った。「承知いたしました。ですがこの刀は父上を刺す刃となるやも知れませぬ」…父・道三を気づかいながら、信長の正室として、愛と悲しみの日々を送る濃姫の波瀾の生涯。他に「義元の首級」「胄の的」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください