名探偵の掟

講談社文庫

東野 圭吾

1999年7月31日

講談社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(80

starstar
star
2.74

読みたい

58

未読

118

読書中

19

既読

864

未指定

773

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (4)

Readeeユーザー

意図は分かるが

starstar 2.0 2023年02月25日

問題提起したいことも、それを東野流の笑いの要素を組み込んでコメディタッチに仕上げているのも分かるが、短編集(一話完結)ということもあってか、なかなか読み進めるのが難しかった。 そうだ!そのとおりだ!というよりは、まぁそうよね…くらいにしか共感できなかったのと、小説世界を離脱し現実世界にといった全体を通じての世界観もあまり響かず。 解説にあったとおり、読者に対する問題提起という意味合いが強いのだとしても東野圭吾だけに辛口の評価とせざるを得ない。 ★★ #読了#小説#推理小説#短編集#東野圭吾

全部を表示

taboke

(無題)

star
star
1.3 2021年12月20日

東野圭吾は、自分にとっては0か100か。 これは0だった。読むのがしんどかった。。

全部を表示

50嵐

一読の価値あり

starstarstar
star
3.7 2020年10月26日

様々なミステリー小説の設定に正面から挑んだ作品。

全部を表示

taboke

(無題)

star
star
1.3 2020年02月18日

東野圭吾は、自分にとっては0か100か。 これは0だった。読むのがしんどかった。。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください