隋唐演義(上)

講談社文庫

安能務

1999年12月15日

講談社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

隋を建国した楊堅、晩年には酒色に溺れ、なんと息子の楊広に謀殺されるという憂目。ところが楊広もまた即位し煬帝となるや、全国から千人を超す美女を集め、遊びにふける始末だ。当然、その隙をついて在野の英雄たちが動きだす。皇帝と盗賊、英雄と悪女たちが入り乱れ隋末唐初への歴史ドラマが幕を開ける。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstar 3.0 2020年08月15日

中国大河ドラマ随唐演義をみて購入してみました。内容は、隋の統一から唐が建国されるまでのドラマとは違い、安禄山の乱が終結し玄宗李劉基が死ぬまで、途中早足になりながら描かれていた。登場人物が多すぎるのと史実とは違う仮想の話なので、ドラマで観たストーリーを思い出しながら人物を当てはめていって、やっとついていくことができた。ドラマを「ながら観」するぐらいが、個人的にちょうどいいです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください