人格転移の殺人

講談社文庫

西澤 保彦

2000年2月15日

講談社

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

突然の大地震で、ファーストフード店にいた6人が逃げ込んだ先は、人格を入れ替える実験施設だった。法則に沿って6人の人格が入れ替わり、脱出不能の隔絶された空間で連続殺人事件が起こる。犯人は誰の人格で、凶行の目的は何なのか?人格と論理が輪舞する奇想天外西沢マジック。寝不足覚悟の面白さ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(12

starstarstar
star
3.72

読みたい

16

未読

14

読書中

0

既読

54

未指定

22

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

西澤保彦「人格転移の殺人」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください