101号室の女

講談社文庫

折原一

2000年7月31日

講談社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

サスペンス映画の傑作『サイコ』を見事に彷彿させる表題作「101号室の女」、夕暮れの公園で空のベビーカーを押す男の謎に迫る「眠れ、わが子よ」、凶暴な脱獄囚が別れた女に刻々と近づく恐怖を描く「網走まで」等、全九編を収録。巧妙な伏線とラストのどんでん返しで読者を欺く、折原マジックの集大成。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.9

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

14

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください