審問(下)

講談社文庫

パトリシア・コーンウェル / 相原真理子

2000年12月31日

講談社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

リッチモンドの大陪審がスカーペッタの調査に動きだしたらしい。ニューヨークからは、狼男事件の再捜査で辣腕の女性検事がやってくる。窮地に立つ検屍局長は、マリーノ警部とともに反撃を開始した。それは郊外のモーテルで見つかった不審な死体がきっかけだった。今、すべての謎が明かされる。身も凍る衝撃のラスト。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

28

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

大陪審

-- 2020年11月30日

本文アナの手紙から。『真実は相対的なものだと言えます。タイミングや身の安全によって変わってきます。・・・真実は破滅を導くことがある。だから真実を語ることは必ずしも賢明ではないし、自然でもありません・・・』

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください