虚構地獄寺山修司

講談社文庫

長尾三郎

2002年9月30日

講談社

691円(税込)

人文・思想・社会

母の出自を唾棄し、神聖冒涜し、“母捨て”“母殺し”の虚構地獄を創り上げてきた天才は、なぜ、母にこだわりつづけたのか。また愛憎渦巻く母子関係は寺山芸術に何をもたらしたのかー。四十七歳で他界するまで、全速力で時代を激走した寺山の「迷宮王国」に入り込み、その謎に迫る野心的ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください