罪深き者に罰を

講談社文庫

日本推理作家協会

2002年11月30日

講談社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

女性カメラマンが冬山で遭難死ー。残されたフィルムを現像してみると、最後の一本には驚愕の真実が隠されていた「暗室」(真保裕一)、新聞記者になりたての姪から届く手紙に記された寄妙な放火事件の謎を、元判事の伯父が解き明かす「往復書簡」(恩田陸)ほか、ミステリーの名手たちによる豪華アンソロジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください