津軽・斜陽の家

太宰治を生んだ「地主貴族」の光芒

講談社文庫

鎌田慧

2003年6月30日

講談社

649円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

太宰治は津軽の「地主貴族」の子として生まれた。にもかかわらず太宰は「私は、無智の、貧農の子孫である」と、出自を韜晦するように書きつけている。それはなぜか。憎みつつ、しかし逃れようのなかった家と故郷。“罪”と“含羞”と“道化”の原点を、同郷の著者が肉親の証言と秘録で辿ったユニークなルポルタージュ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください