泪壺

講談社文庫

渡辺 淳一

2004年4月15日

講談社

460円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「わたしを壷にして、側においといて」。癌に冒されて逝った最愛の妻を骨灰磁器として遺した男。一周忌を過ぎ、男の前に現れた女性は、その壷に戸惑いを隠せない。表題作のほか、会社の上司との愛と別れを描く『マリッジリング』、手の移植手術から過去の女を振りかえる『握る手』など愛と性を抉る珠玉の短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

9

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください