終日犯罪

講談社文庫

日本推理作家協会

2004年6月30日

講談社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

惚れた男に促されたものの、奉公先を変える決心がつかないお信。世話になった人に相談に行くと、そこには鬼の話を語る女が…。江戸の怪異を描く、「時雨鬼」(宮部みゆき)。交通事故原因を証明する警官が直面した壁とは?「事故係生稲昇太の多感」(首藤瓜於)など、名手たちによる9作品を収めたアンソロジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください