1973年のピンボール

講談社文庫

村上 春樹

2004年11月15日

講談社

550円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

さようなら、3フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との“僕”の日々。女の温もりに沈む“鼠”の渇き。やがて来る一つの季節の終りーデビュー作『風の歌を聴け』で爽やかに80年代の文学を拓いた旗手が、ほろ苦い青春を描く三部作のうち、大いなる予感に満ちた第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(35

starstarstar
star
3.67

読みたい

21

未読

15

読書中

2

既読

265

未指定

167

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

村上春樹「1973年のピンボール」

--
0
2019年12月26日

みんなのレビュー (4)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年08月15日

“鼠”三部作第二弾。 〈僕〉は24歳になり友人とふたりで小さな会社を立ち上げ翻訳の仕事をしている。大学での彼女、直子は死に、今は双子と暮らす。2年前熱中したピンボール「スペースシップ」を思い出し探し求める。 〈鼠〉はひとりの女に溺れ生活が靄に包まれていく。ジェイズバーに通い、最後には街を出て行く決意を固める。 僕と鼠の接点はもうない。この2人が会話している場面が好きだったので残念。 「風の歌を聴け」の終わり頃から薄々感じてはいたけれど「1973年のピンボール」は退廃的な空気が色濃く漂ってひたすら暗い。僕も鼠も人生の指針を見失い自分の殻に引きこもる。現実と幻想の境目が次第に曖昧になっていく中でなんとかもがきそこから進もうとする。 次は「羊をめぐる冒険」か。もうちょっと明るい話がいいなあ。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2019年03月22日

鼠三部作の2作目。 なぜか三部作の最後から読んでしまったので急いで2つ借りて読んだが、急ぐ必要がなかったように思う。 1作目、2作目と読んでみても、特別この順番で読む必要はない気がした。 というのも、2つを先に読まなければいけないことを最初に読んだ本がそれを要求していないからだ。 淡々とぼくと鼠とときどきジェイがいる日常を描いている。 正直、この小説をとおして何が言いたいのかよく分からないし、テーマというものが見えてこないが読んだあと何故か得した気分になる本だった。 こういう本は初めてだったので、読めてよかった。

全部を表示

RinRin

聞き飽きたなら

starstarstarstar
star
4.1 2019年02月08日

読んで、とにかく

全部を表示

onnot228

(無題)

starstarstar
star
3.8 2018年07月01日

青春3部作変な順番で読了。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください