黒と茶の幻想(上)

講談社文庫

恩田 陸

2006年4月15日

講談社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

太古の森をいだく島へー学生時代の同窓生だった男女四人は、俗世と隔絶された目的地を目指す。過去を取り戻す旅は、ある夜を境に消息を絶った共通の知人、梶原憂理を浮かび上がらせる。あまりにも美しかった女の影は、十数年を経た今でも各人の胸に深く刻み込まれていた。「美しい謎」に満ちた切ない物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(17

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

13

未読

23

読書中

2

既読

142

未指定

310

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

感想

starstarstarstarstar 5.0 2020年02月18日

学生時代の友人である男女4人がY島を旅しながら「美しい謎」について話す。4人の会話の内容が濃くて深くて、読んでいるだけで楽しめる。 上の語り手は利枝子と彰彦。利枝子は冷静で賢い女性。元彼・蒔生への未練と疑惑を漂わせながら、この旅が計画されたきっかけから旅の2日目までを語る。彰彦は、この旅の計画を立てた人物。ちょっと偏屈。姉との確執、高校の友人の死の謎を抱えて2日目の夜までを語る。 語り手が変わると、登場人物の印象が少しずつ変わってくる。人間関係や相性って不思議。 さてまだ謎は残っている。下巻へー!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください