分冊文庫版 姑獲鳥の夏(上)

講談社文庫

京極 夏彦

2005年4月15日

講談社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「二十箇月もの間子供を身篭っていることができると思うかい?」。昭和二十七年の夏、三文文士の関口巽は東京は雑司ケ谷にある久遠寺医院の娘にまつわる奇怪な噂を耳にする。しかも、密室から煙のように消えたというその夫・牧朗は関口の旧制高校時代の一年先輩だった。ポケットに入る分冊版、刊行開始。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.87

読みたい

3

未読

9

読書中

2

既読

50

未指定

67

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください