分冊文庫版 鉄鼠の檻(三)

講談社文庫

京極 夏彦

2005年11月15日

講談社

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「私は半ば望んで壊れたのです」。土牢に閉じこめられていた“あの男”は、久遠寺老人を前にしてそう告白した。ちらつくのは幼女・鈴の影。山内の僧はみな口篭もる。しかも多くを語る間もなく“あの男”もまた撲殺された。犯行の目的は那辺にあるのか。もはやこの事件は、世俗の常識の及ぶところにあらず。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

22

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください