分冊文庫版 塗仏の宴 宴の始末(上)

講談社文庫

京極 夏彦

2006年5月15日

講談社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「その時は、それが真実になってしまうのです」。「成仙道」の幹部・刑部を前に、家族を“喪った”男・村上貫一は大きく揺れた。同じころ、「韓流気道会」の毒手は、突如消息を絶った木場を追う二人の刑事、青木と河原崎へと伸び、華仙姑処女は“開かずの間に居たモノ”にまつわる戦慄の体験を語りはじめる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.1

読みたい

2

未読

1

読書中

1

既読

24

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください