中山道の雨

臨時廻り同心日下伊兵衛

講談社文庫

押川国秋

2006年6月30日

講談社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

息子新一郎のために臨時廻りに転じた同心伊兵衛。事件は一筋縄でいかず、妻萩乃との縒りは戻りそうにもない。新内の師匠おさわが唯一の安らぎだった。だがおさわに、呉服問屋松島屋の後妻の話が舞い込み、伊兵衛の心は揺らぐ。しかも縁談に反対していた松島屋の娘が拐されたというのだが。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください