それでも、警官は微笑う

講談社文庫

日明恩

2006年7月14日

講談社

859円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

無口で無骨な巡査部長・武本と、話し出すと止まらない、年下の上司・潮崎警部補。二人は、特殊な密造拳銃の出所の捜査にあたる。たどり着いたのは5年前のある事件だった。覚醒剤乱用防止推進員の拳銃自殺。その背後に潜む巨悪とは?軽快な筆致で描かれた、新世代の警察小説。第25回メフィスト賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

28

未指定

46

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください