白兎が歌った蜃気楼

薬屋探偵妖綺談

講談社文庫

高里椎奈

2007年4月13日

講談社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

家に取り憑いた何かを祓う依頼を受け、座木をにわか霊媒師にして現地へ向かった薬屋探偵たち。セキュリティシステムに守られた山中の大邸宅には不穏な空気が満ちており、涸れ井戸の出火を口火として一族に続々と容赦ない殺意が襲いかかる。凶行の犯人は本当に“座敷童子”なのか?心を震わす、シリーズ第6弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

5

読書中

3

既読

11

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください