すべては「裸になる」から始まって

講談社文庫

森下くるみ

2008年4月15日

講談社

523円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

「荒療治ですが、裸を晒すということは、一度自分をリセットするのに打ってつけでした」家族の愛情に飢えて育ち、底なしの寂しさを抱えてAVという世界にたどり着いた、あたし。「人を好きになりたい」と過激なカメラの前に立つ。人気AV女優が、自らの生い立ちを繊細な筆で綴った、ソウルフルな自伝の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

9

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

森下くるみ「すべては「裸になる」から始まって」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください