白洲次郎 占領を背負った男(下)

講談社文庫

北 康利

2008年12月12日

講談社

682円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

少年のようにスポーツカーをこよなく愛した一方で、戦後いち早く日本の経済的独立を目指し通商産業省創設に奔走。ところが創設後はすっと身を引く。全てが次郎の「紳士の哲学」であった。エッセイスト白洲正子とともに過ごした彼の人生を膨大な資料を基に解き明かす必読の白洲次郎評伝。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.4

読みたい

5

未読

5

読書中

0

既読

36

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください