牡丹酒 深川黄表紙掛取り帖(二)

講談社文庫

山本 一力

2009年10月15日

講談社

869円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ひとに媚びない、生一本な味だ」。定斎売り蔵秀、女絵師雅乃、文師辰次郎、飾り行灯師宗佑の裏稼業四人衆は、柳沢吉保をも唸らせた土佐の銘酒・司牡丹の江戸での広目を請け負う。佐川村までの道中厄介ごとを片付けつつも、知恵と技を揮った大仕掛けは今度も首尾よく運ぶのか!?シリーズ第2作遂に文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.5

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

113

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください