幕末暗殺剣

龍馬と総司

講談社文庫

加野厚志

2009年12月31日

講談社

869円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

新選組に濡れ衣を着せる汚い仕掛けを暴き、無実の罪を晴らせー龍馬暗殺の嫌疑をかけられた新選組の近藤勇は、沖田総司に襲撃者と背後の黒幕を探り出す指令を出した。烏丸神社の姫巫女「千里眼の龍子」と共に、都の闇に消えた暗殺者を追い詰めてゆく総司の前に、幕末最強の人斬りと驚愕の真相が姿を現す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください