晩鐘 続・泣きの銀次

講談社文庫

宇江佐 真理

2010年12月15日

講談社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

十手と鑑札を返上し、岡っ引きから足を洗って十年。「泣きの銀次」も来年には不惑を迎えようとしていた。小間物問屋の主として細々と暮らしていたある日、銀次は監禁されていた娘を助ける。実は近頃、娘のかどわかしが頻発しているという。「下手人を捕らえるため手を貸して欲しい」と言われた銀次はー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.67

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

25

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください