十五万両の代償 十一代将軍家斉の生涯

講談社文庫

佐藤 雅美

2010年12月15日

講談社

942円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

寛政の改革から爛熟の化政文化へー御三卿の一橋家から思いがけず将軍となり、五十三人もの子をなし、孝心篤く実父治済と自身に官位を望んだ家斉。政治の実権を握っていた松平定信を追い落とし、老中首座となった水野忠成とともに舵を切ったインフレ政策の先見性と思わぬ陥穽。目から鱗が落ちる歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
star
1.9

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください